FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※スポンサーCM

ここ最近の街中の変化について

ここ最近皆さんが暮らしている街中の
様子で大きな変化が起こっていることは
ご存じでしょうか?

この変化は特に首都圏に著しい変化を
みます。

どこが変わったのかというと、
ホームレスの数が圧倒的に
減少したということです。

以前は公園などに行くと、頻繁に
ホームレスの方を見かけました。

公園のベンチにはたいてい
ホームレスが寝ていて、
ガード下にも段ボールを
しいて、毛布をかぶって
寝ている人がいくらか見うけら
れたものです。

ところが、ここ最近
めっきり見かけなく
なりました。

もちろん、寒いので
野宿する人が減ったことも
一因するのでしょう。

でもホームレスを見かけなく
なったのは夏場ぐらいから
のことです。

夏は野宿が出来るはずです。
ところが夏にも見かけなく
なったのです。

彼らはどこに行った
のでしょうか?


ユーチューブで
「貧困ビジネス」
と入力すると、
生活保護の方の共生
施設がどこかの田舎に
最近建設されている
報道が見つかります。

共生施設を運営するのは
宗教法人の場合もありますし、
暴力団関係者のことも
あるようです。

土地のやすい場所に
共生施設を作って、
プレハブの3畳ぐらいの
部屋に生活保護受給者を
住まわせて、集団生活を
させているとのことです。

都会だと、家賃は
毎月4~6万円ぐらい
掛かります。

農村だと年間の家賃が
数万円の場所もあります。
土地を購入してプレハブを
建設してそこに住まわせれば、
固定資産税だけはらえば、
集団生活をしても家賃が0
で済みます。

生活保護費は毎月
12万円ぐらい自治体から
支払われるのですが、
この大部分を共生施設の
運営者が搾取することが
できます。

12万円のうち、
ほんの数万円を生活保護者に
支払って食事や風呂など
不自由をしいられているようです。

それでも路上でホームレスを
するよりはマシです。

彼らの多くが自分で自治体に
生活保護の手続きをすると、
門前払いにされます。

施設の代表者がサポートする
ことで無事に生活保護認定を
受けてどこかの田舎の山奥で
いまも集団生活をしている
そうです。

それが幸せなのか?
どうなのかは分かりません。

でも社会的弱者を利用した
サービスでもあれば、
搾取しているとも
言える部分もあります。

まあ、ホームレスの方々も
決して他人事ではないので、
どこかで幸せに暮らして
いればいいですよね。
関連記事
スポンサーサイト

※スポンサーCM

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ご依頼はこちら


ぎっくり腰の施術依頼はこちら 050-5329-8626 電話1本で緊急出張します。24時間対応

プロフィール

アークス整体院

Author:アークス整体院
アークス整体院です。

このブログは治療とは関係しない
日常の話、思ったことを
ご紹介していきます。

僕の人物像を皆さんに
知っていただくことを
目的としています。

公式ホームページ

総合案内

※アークス整体院の公式ホームページをご紹介します。

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

カテゴリ

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。